最新記事
特集記事

オーベルジュディナーイベント@フォーシーズンズホテル丸の内 東京(2017/10/4,5)


去る2017年10月4日(水)、5日(木)、日本オーベルジュ協会として初めての試みである都内ホテルでのPRディナーイベントが、フォーシーズンズ丸の内 東京内のMOTIF RESTAURANT & BAR にて開催され、2日間で83名ものお客様にご参加いただきました。

photo by フォーシーズンズホテル丸の内 東京

今回の会場となったフォーシーズンズ丸の内 東京は、東京駅八重洲南口から徒歩3分というビジネス街の只中にあるラグジュアリーホテルです。その7階に位置するMOTIF RESTAURANT & BARは、東京駅、丸の内、有楽町までのダイナミックな眺めとともに、全国各地の旬の食材を使った滋味深いフレンチが楽しめるダイニングです。

当協会の理事であり、旗艦レストラン「モリエール」が「ミシュランガイド北海道2017年特別版」において道内で唯一、2012年版に続き2回連続で3つ星を獲得した中道博シェフがカリナリーアドバイザーを担当しているレストランでもあります。

photo by C Ryo Tamura(Kirin Diary)www.kirinstore.com/kirinstore/Kirin_Diary.html

常日頃より、多くのお客様にいかに国内オーベルジュの魅力をお伝えしていくか、を模索している中で、フォーシーズンズホテル丸の内 東京のホテル マネージャー 岸 琢也様にめぐり逢えたことが、今回のイベント実現のきっかけとなりました。

MOTIFでは、中道シェフが監修するオーベルジュ「マッカリーナ」とのコラボレーションメニューなどの実施例があり、スタッフの皆様も「オーベルジュ」への理解が非常に深く、国内のオーベルジュの魅力についてお話しすると大変ご興味をお持ちいただけたのでした。特に岸様は個人的にも協会加盟のオーベルジュでのご滞在歴があることもわかり、本企画案は大変盛り上がりあっという間に実現の運びとなったのでした。

中秋の名月の夜、素晴らしい夜景の中パーティーはスタート!

受付開始とともに、続々とお越しになるお客様。会場であるメインダイニングTHE SOCIAL SALONの手間にあるTHE GASTRONOMIC GALLERYでは、全国各地の協会加盟オーベルジュから届いた選りすぐりのギフトが並べられ、ムービーでは各オーベルジュの魅力が放映されました。来場のお客様からは、国内オーベルジュについてスタッフとお話が弾んでいる方も多く、様々なオーベルジュの魅力をお伝えできたことと思います。

各地から届けられたオーベルジュからのオリジナルのギフト

19:10 ホテルマネージャー岸様のご挨拶で、ついにパーティーがスタートです。

全国に多数のオーベルジュがあるということ、岸様自身も、いくつかのオーベルジュに滞在されたことがあることなどをお話しいただいた後、勝又理事長よりご挨拶。今回は、MOTIFの浅野ヘッドシェフとともに、国内オーベルジュより3名のシェフが共同でメニュー作りをおこなったこと。これをきっかけにオーベルジュの魅力を知っていただきたいとのメッセージが届けられました。

続く中村シェフからは、昨日、家族総出でとれたての伊勢海老や地魚を飛行機で持参したことなどをお話になり、会場は一気にテンションが上がります!

各テーブルにシャンパンが注がれる中、やや緊張気味の浅野シェフが本日に至るまでのことや今日のコース内容についてご案内し、乾杯へ。

ご自身のオーベルジュ体験をお話する岸氏と、緊張気味に乾杯の音頭をとる浅野シェフ

箱根、伊東、長崎西海市の地物素材とシェフの個性が光る

最初に登場したのは、大きなお盆に溢れんばかりに盛り付けられた伊勢海老や鮮魚。熟練のサービススタッフがお客様のお席を周り、本日後ほど登場する長崎県西海市の海産物であることをお伝えして回ります。中村シェフが自ら漁港を周り、連携する地元の漁師さんから昨日仕入れたばかりのものです。

伊勢海老は全長50cmほどもありそうな大物。まだヒゲを動かしており新鮮な様子が伺えます。関東ではあまり知られていませんが、長崎県の特に西海市で揚がる伊勢海老は食料となるムール貝などが豊富な漁場で育つことから千葉沖や伊勢湾で揚がるものよりも大ぶりであること、また、激しい海流に揉まれることで甘みが増し身も引き締まっていることが特徴。中村シェフからの情報をお伝えしながらテーブルを回る度に、お客様のわあ!という歓声が聞こえていました。

各テーブルに運ばれた、中村シェフ持参の新鮮な魚介類

photo by C Ryo Tamura(Kirin Diary)www.kirinstore.com/kirinstore/Kirin_Diary.html

坂本シェフ「3 本のアミューズブッシュ」

お客様のテンションが上がったところで、最初の1皿目、伊東のオーベルジュ花季 坂本シェフによる「3 本のアミューズブッシュ」が登場です。

中秋の名月をテーマとした、月と秋を思わせる黄色から紫へのグラデーションが美しい一皿。

3 本のグラスの上には、伊東の山でシェフ自らが採ってきたススキをあしらいました。

各テーブルからは、この美しい一皿を写真に収めようとシャッターを切る音が聞こえました。